2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

« 集団ストーカー現象はテクノロジー装置による意識操作 | トップページ | 創価学会とテクノロジー犯罪の関連性 »

2012年1月11日 (水)

テクノロジー犯罪を告発した東芝元社員の文書

以下、テクノロジー装置が存在する事を告発した東芝元社員の告発文書の転載です。
http://plaza.rakuten.co.jp/kasasagi/diary/200805110003/

1999年6月現在において、東芝の「電波応用技術」で可能となっております。

1)全ての物を観測・監視すること。
 2)音・声、思考・記憶を電波的に拾って解析すること。
 3)会話をすること。
   オペレータと被験者において、被験者にとっては、テレパシーのように感じ
る。
   発信機や受信機もなく、声でなく、思考が解析される。また、相手の声も聞か
される。
   結果として会話が成立する。
   念のため、SFと違うのは、人はあくまで言葉を使い思考するものなので
   言語が自動的に翻訳されることはない。
 4)電波的に刺激を与え、人間の機能、生理現象を活性化および不活性化するこ
と。
   痛みの誘発・抑制、痒みの誘発・抑制、尿意・便意の誘発・抑制、心肺機能停
止、呼吸停止等。
 5)人間・電子機器の制御。
   人間をあたかも催眠状態のように、脳に指令を送り自由に動かす。
   電子機器のスイッチのON/OFF、入出力回路の制御等。
 6)電子機器の破壊。
 作用対象は、1つでも、複数、ブロードキャストも可能です。
 作用対象は、発信機、受信機等は一切、必用ありません。
 作用点は、電波の一点のみで、その軌道には一切、影響しません。

« 集団ストーカー現象はテクノロジー装置による意識操作 | トップページ | 創価学会とテクノロジー犯罪の関連性 »

テクノロジー犯罪」カテゴリの記事

コメント

まるで人体介入装置に勝手に繋がれているように感じます。言える事は、この兵器が使われる限り、日本は攻撃される可能性はかなり強いです。すでに起きている「何か」もありますが。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1615416/43708301

この記事へのトラックバック一覧です: テクノロジー犯罪を告発した東芝元社員の文書:

« 集団ストーカー現象はテクノロジー装置による意識操作 | トップページ | 創価学会とテクノロジー犯罪の関連性 »