2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

« 思考盗聴機 東芝元社員の告発文章その二 | トップページ | 創価学会のテクノロジー装置(兵器)の攻撃者に選ばれる人の基準 »

2012年1月31日 (火)

音声送信による脅迫が現実味を帯びてきました・・・

音声送信による脅迫が深刻化しています・・・「ヤクザの依頼だから殺される事は分かっていた」、「殺害時刻まで決められている」等です。
だんだんと現実味のある脅迫の内容が増えてきていて、本当に殺人事件が起きるのではないかと不安です・・・

« 思考盗聴機 東芝元社員の告発文章その二 | トップページ | 創価学会のテクノロジー装置(兵器)の攻撃者に選ばれる人の基準 »

テクノロジー犯罪」カテゴリの記事

コメント

大丈夫? 

脅迫だとは思いますが、去年10月に攻撃が強まってから、音声送信が鬼気迫まる感じになってきているので、大丈夫だとは過信できない状態かもしれません。
3月中に関東のニュースで殺人事件の被害者として僕の名前が出たら殺されてしまったと思って欲しいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1615416/43938595

この記事へのトラックバック一覧です: 音声送信による脅迫が現実味を帯びてきました・・・:

« 思考盗聴機 東芝元社員の告発文章その二 | トップページ | 創価学会のテクノロジー装置(兵器)の攻撃者に選ばれる人の基準 »